2007年02月20日

5ショット写真撮影

美味しい楽しいディナータイムのあとは、「5ショット写真撮影」があります!

5shot.JPG
一昨年は各お部屋ごとにメンバーが移動して撮影したのですが、
昨年はスウィートルームを貸し切って、そこでの撮影になりました。
この写真は某スタッフがテストで撮ったものなのですが(ぼかすと怪しい……)、
こんな感じで、メンバー4人に囲まれポラロイドカメラでパチリ☆

撮影のあとは、参加者全員プレゼントの「スペシャルDVD」が、
メンバーから手渡しでプレゼントされました。
このスウィートルームは、八ヶ岳高原ロッジのホームページにも載っています。

さて、八ヶ岳高原ロッジにアップされた「今日の八ヶ岳」の写真。
みなさん、見ましたか?
雪だるまがとってもキュートですよ。
ライブ当日、雪がいっぱい積もっていたらみんなで雪だるま作りませんか?

さて

2007年02月19日

豪華フレンチ・フルコースディナー!

メンバーと一緒に食べる「フレンチディナー」も旅のお楽しみのひとつ!

豪華フレンチ・フルコースディナー!」と銘打っておりますが、
結婚式の披露宴みたいな会場じゃないので、ご安心を……。
フォーマル着用の必要もございません。普段着で食べられる本格フレンチです。
っていうか、メンバーが一番ラフでお気軽な格好かも?
もちろん、ドレスアップしてもオッケー!

french.JPG
コチラは昨年度のメニューです。
オードブル盛り合わせ
ビーフコンソメスープ 春風
平目と海老の茸入りムース詰め ニューバーグソース
ロゼワインのグラニテ
信州牛ロースのステーキ ブルーベリー緑胡椒ソース
プチサラダ
デザート
コーヒー
パン
小菓子


ここで気になるのが「シルバー」の使い方ですね。
コレクトロン・ワンポイントレッスン♪
テーブルの前に揃えられてたシルバーは外側から使うように並べられています。
ちなみに、左右外側から、オードブル用のミートナイフ&フォーク、
スープスプーン、フィッシュナイフ&フォーク、
「グラニテ(お口直しのシャーベット)」は前方一番奥にあるスプーン。
上手に使えたら、ギザギザのついたステーキナイフ&フォークが残るはず。
サラダも同じナイフ&フォークを使います。

デザートは前方にあるデザートナイフ&フォーク(またはデザートスプーン)を。
最後にデミコーヒー用の小さなスプーンだけが残ります。
小菓子は手で頂いてくださいね。

ナイフ&フォークがうまく使えないときは、お箸を使っても大丈夫!
サーヴィスする人にこっそりお箸をもらいましょう。
もし使うシルバーを間違えても、サーヴィス員さんがこっそり足してくれますよ。
ね、加藤くん(笑)。


温かくしてサーヴィスされるパンもとても美味しいです!
メンバーが目の前にいるからドキドキするかもしれませんが、
当のメンバーはそんなこと気にすることなく飲んで食べていますので(笑)、
参加されるみなさんも、八ヶ岳の美味しいお食事をぜひ楽しんでくださいね!

さて、今年はディナーのあとは何があるんでしょう……それはまだ秘密です。

*美味しいディナーも楽しめる八ヶ岳ツアーの締め切りは2月28日です!

2007年02月19日

今宵はどんな月?

一昨年、2005年のアコースティックライブ後に見た空。
雲ひとつない真っ黒な夜空にひときわ輝くまぁるいお月様が浮かんでいました。
それはそれは、とても綺麗なお月様。

八ヶ岳高原ロッジのホームページには、「今日の八ヶ岳」というコーナーがあり、
八ヶ岳の様子が、写真・天候とともに毎日更新されています。

一昨年のツアーのあと、この空の写真がアップされているのを見たとき、
いつかみなさんにお見せしたいなぁ……と、ずっと思っていました。
転載にはご了承をいただいていますので、ここで紹介させていただきますね。
(バックナンバー(2005年3月27日)に載っています)

20050327.jpg

昨年、2006年の空は、雲が広がっていたのでお月様も見えませんでした。
さて、今年の月はどんな月?
とても楽しみにしている私です。

参加されたマニアのみなさんは、空を見ましたか?

夜の景色もとても素敵な八ヶ岳。
ツアーの締め切りは2月28日ですよ!

ツアー詳細はコチラから。
*携帯でご覧の方は、トップの「旅行の詳細」から見てくださいね。

2007年02月18日

バスのなかのお楽しみ*2

さて、バスに乗り込んで「おやつセット」をもらったら、いざ八ヶ岳まで出発進行!

2005_2.JPG

発車すると今度は「超レアな映像」の数々が!(写真は2005年度ツアーの映像)
今年も昨年に引き続き、コレクトロン映像記録部でもあるこの私が、
メンバーと参加されるマニアのみなさまのために、
愛をこめて編集させていただきます!

昨年は、コレクトロン映像記録部が長年撮り溜めていた映像の中から選んだものと、
その前年にCS放送に出演をしたときの模様を片道4時間づつ、
た〜っぷりお届けさせていただきました。
基本的にコレクトロン映像記録部が撮影したものは「記録用」なので、
表に出ることはほとんどありませんので、本当に貴重な映像ばかりです!
(DVD-BOXにも収録されていません!)

今年のビデオはこれから編集するのですが、
すでに昨年の八ヶ岳以降に「これは使えるぞ!」というモノを撮り溜めてあります!
それプラス、今回は「目」だけじゃなく「音」も楽しんでもらおうと密かに計画中。
この機会を逃すと、2度と見る(聴く)ことができない貴重なモノが登場するかも?

メンバーコメントもこれから収録される予定です。
ビデオ編集を始めた時には、またここでちょっぴり紹介しちゃおう……かな?

そんな貴重な映像を見ることができるツアーの締め切りは2月28日ですよ!
詳細はコチラから。
携帯からご覧の方は、トップの「旅行の詳細」をご覧下さい。

2007年02月17日

本日の公演について【緊急】

緊急なお知らせのため、このブログでもご案内させていただきます。

本日公演のLOFT presents SATURDAY NIGHT R&R SHOW 2007 Vol.1 supported by Weeklyぴあは、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬急病(インフルエンザ)の為、急な延期とさせて頂きます

お客様には、大変ご迷惑をおかけします。申し訳ありません。
尚、公演の振替日程は2007年5月7日(月)開場18:00開演19:00となります。
お手持ちのチケットに関しては、そのまま有効となります。
チケットを払戻ご希望のお客様に関しては、本日より2月25日(日)までの15時から22時まで、ロフト店頭で対応とさせて頂きます。
重ね重ね、皆様には大変ご迷惑をおかけします事をお詫び申し上げます。

(有)ブレスト音楽出版
(有)グレイトフル ぴあ(株)
(株)ロフトプロジェクト
(払戻後のキャンセル分チケットに関しては3月中旬よりぴあ、ロフト店頭で発売する予定です)

払戻に関するお問い合わせ:新宿ロフト03-5272-0382(14;30〜22:00)

2007年02月17日

バスのなかのお楽しみ*1

さて、バスでご参加いただくマニアのみなさんには、
もれなく「メンバーセレクトおやつセット」がもらえます!

「メンバーセレクトのおやつセット」ってなんぞや?

メンバーが幼少の頃から慣れ親しんだ駄菓子、
オトナになってもやめられない止まらないお菓子の数々が一袋にセットされた、
どこの駄菓子屋さんにも売っていないバラエティに飛んだおやつセットです!

バスの中でおやつを広げたら、気分はもう「オトナの遠足」。
もったいぶって家までもって帰るもよし、旅のお供に全部食べちゃうのもよし!
一人参加でお隣さんが初対面でも、会話が盛り上がること間違いなし!

PICT0235.JPG
この写真は2005年度ツアーのときのものです。

「SNYDER’S クリーミーカラメル」に「みつあんず」、
「ビスコ」に「よっちゃんカットイカ」などなど……。
誰が何をセレクトしたか当てるのも楽しいですよ。

毎年、セレクトの内容が変わるので、今年はどんなセットになるのか、
謎は深まるばかり……(え?)。


ツアーの締め切りは2月28日ですよ!
申し込み詳細はコチラから。
携帯からご覧の方はトップの「旅行の詳細」から見てくださいね。

2007年02月16日

「高原へいらっしゃい」

06-03-18_15-28.jpg

このブログをご覧のみなさんのなかには、
数年前に放映されていた高原へいらっしゃい』という
佐藤浩市主演のテレビドラマ
をご覧になっていた方もいらっしゃると思います。

このコンテンツのタイトル「八ヶ岳へいらっしゃい」は、
まさにこの「高原へいらっしゃい」からいただきました!

このドラマの舞台になっているのは、八ヶ岳高原ロッジのエリアにある、
「八ヶ岳高原ヒュッテ」という実在するホテルです。
自然郷のシンボルとして親しまれている八ヶ岳高原ヒュッテは、1968年(昭和43年)この地に移築され翌年ホテルとして営業を開始しました。

「八ヶ岳高原ヒュッテ」は、元公爵徳川義親氏(尾張徳川家19代当主)の邸宅でした。イギリス中世のチューダー様式(木造軸組工法2階建て・延床面積は799?)のこの建物は、1934年(昭和9年)東京の目白に建てられました。設計は、上野東京帝室博物館(現東京国立博物館)や日比谷第一生命館、銀座和光などをてがけた渡辺仁氏(1887〜1973)です。

ツアーに参加のみなさんは、送迎バスでロッジから音楽堂まで移動になりますので、
意外と実際にご覧になった人は少ないかもしれませんね。

実は昨年、私はロッジから音楽堂まで歩いて行きました(およそ10分)。
(上の写真は、そのときに撮ったものです)

ツアーに参加していると、周辺をゆっくり散策する時間も少ないかもしれませんが、
ほんの少し時間があったら、ぜひお散歩してみてくださいね。
素敵な発見があるかもしれません。

八ヶ岳高原ヒュッテ
*ゴールデンウィークと夏期期間のみ営業なので、
残念ながら、ツアーのときは中を観ることができません。

↓おまけ*「夜のお散歩中」に撮った写真。
06-03-18_22-19.jpg

2007年02月16日

八ヶ岳高原音楽堂ってどんなところ?

ongakudo2.jpg

今までに参加されたマニアのみなさんにはもう説明は不要かと思いますが、
八ヶ岳高原音楽堂」ってどんなところかご存知ですか?

以下は八ヶ岳高原ロッジのHPより(転載についてはご了承を得ています)
1988年(昭和63年)、世界的なピアニスト・スヴャトスラフ・リヒテル氏と日本を代表する作曲家・武満徹氏をアドバイザーとしてむかえ誕生したのが「八ヶ岳高原音楽堂」です。

ongakudo.jpg

高原の山々になじむ美しい六角形。暖かい木のぬくもり。「世界でも通用するような建物を」というリヒテルの助言が生きた八ヶ岳高原音楽堂。自然と環境に調和した美しい建築物として「'89年毎日芸術賞」「'89年東京クリエイション大賞環境賞」を受賞しました。音響面では主に室内楽の演奏を想定し、理論に基づく実験と人の耳による確認を繰り返してついに小ホールとして理想的な残響1.6秒を得ました。木のホールならではの耳に心地よい柔らかで自然な響き、音楽のすべての魅力をあますところなくお届けします。

普段はクラシックコンサートが中心に行われている音楽堂。
こんなに素晴らしいホールで、コレクターズの音、
そして歌声を聴くことができるのです!

ライブハウスで聴くのとはまったく違った「コレクターズの音」を、
ぜひ、ご自分の耳とカラダ全体で感じてくださいね!

お申し込み方法はコチラから
*申し込みの締め切りは2月28日です!

八ヶ岳高原ロッジ公式サイト

2007年02月15日

締め切り延長しました!

このコンテンツのオープンを記念して、
八ヶ岳ツアーの申込日の延長が決定しました!

明日が締め切りなので、うっかり振り込みができなかった人も、
このコンテンツを見て八ヶ岳が頭から離れなくなってしまった人も、
これから八ヶ岳の魅力に取りつかれてしまう運命の人も……

ツアー申し込み締め切りは2月28日です!!!


3.jpg

*携帯からご覧の方は、トップの「旅行の詳細」をご覧下さい。

2007年02月15日

本日オープン!

top1.jpg

ザ・コレクターズ・オフィシャルファンクラブ「コレクトロン」プレゼンツ
アコースティックライブ&パーティーin八ヶ岳高原ロッジ・パート4!


このブログでは、開催までの準備の様子や八ヶ岳の素晴らしい自然などを、
また、今までのパーティーの様子をご紹介していきたいと思っております。
どうぞ、お楽しみに!

From:オフィシャルファンクラブ・コレクトロン*八ヶ岳ブログ担当
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。